TOP > 会社情報

会社情報

ごあいさつ

水産卸売市場の振興と
皆さまの健康で豊かな食生活に貢献します

周囲を海に囲まれた日本にとって、水産物は私たち日本人の食生活に重要な役割を果たしてきており、その水産物を扱う東京都中央卸売市場築地市場は、世界一の水産市場として国内はもちろん海外からも高く評価されてまいりました。

弊社は1947 年(昭和22 年)7月の創立当初から「より新鮮な魚を適正な価格で、より早く消費者にお届けする」というモットーのもと、お客様本位の誠実な会社になるという経営方針を貫き、以来、首都圏はもとより全国の水産物供給を安定的に維持するという社会的使命を果たしてまいりました。

さて、築地市場は2018年10月に東京都江東区の豊洲市場に移転し、築地市場と同様に日本はもとより世界中の漁業者、取り扱い業者から注目され、集荷・販売状況、衛生環境、価格の動きなどが影響を及ぼすことになります。弊社は従来にもまして、世界的視野に立ち、水産卸売市場の振興と人々の健康で豊かな食生活に貢献すべく、これからも努力を重ね、邁進してまいります。

皆様のご支援とご愛顧を心よりお願い申し上げます。

代表取締役会長兼CEO

伊藤 裕康

代表取締役社長兼COO

大滝 義彦

会社概要

会社名
中央魚類株式会社
本社所在地
〒135-8108 東京都江東区豊洲6-6-2
電話番号
03-6633-3000(代表)
設立年月日
1947年(昭和22年)7月1日
事業目的
水産物卸売
資本金
29億9,500万円
主要株主
日本水産株式会社、株式会社足利本店、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社極洋、東洋水産株式会社、三井住友信託銀行株式会社
グループ会社
柏魚市場株式会社、千葉中央魚類株式会社、株式会社ホウスイ、株式会社水産流通、中央フーズ株式会社、株式会社せんにち、中央小揚株式会社
関連会社
東京北魚株式会社、船橋魚市株式会社、オーシャンステージ株式会社

組織図

左右にスクロールしてご覧ください
取締役会 第一営業本部 業務部 業務課 03-6633-3160
鮮魚部 鮮魚第一課 03-6633-3060
鮮魚第二課 03-6633-3064
鮮魚第三課 03-6633-3067
鮮魚第四課 03-6633-3071
鮮魚第五課 03-6633-3073
特種部 特種第一課 03-6633-3100
特種第二課 03-6633-3104
特種第三課 03-6633-3108
マグロ部 マグロ課 03-6633-3120
冷凍部 冷凍第一課 03-6633-3080
冷凍第二課 03-6633-3083
塩干部 塩干課 03-6633-3130
加工品課 03-6633-3140
第二営業本部 営業部 営業第一課 03-6633-3150
営業第二課 03-6633-3153
営業第三課 03-6633-3162
管理本部 総務部 秘書課 03-6633-3000
総務課
経理部 経理課 03-6633-3010
計算部 仕切課 03-6633-3020
得意先課 03-6633-3030
在庫管理課 03-6633-3040
情報システム部 03-6633-3050
広報室 03-6633-3000
業務監査室 03-6633-3170

沿革1947-2017

1947 昭和22年 2月 中央魚類荷受組合発足。東京都水産物集荷機関に指定
7月 中央魚類荷受組合の営業を継承する中央魚類株式会社を設立
1950 昭和25年 4月 東京都知事より中央卸売市場法に基づく東京都水産物卸売人の許可
1951 昭和26年 2月 ㊥マークを商標登録
1952 昭和27年 4月 中央小揚株式会社設立
1953 昭和28年 4月 日本水産株式会社の出資会社・大松水産株式会社統合
1956 昭和31年 9月 農林大臣より水産物卸売人の許可
1957 昭和32年 7月 創立10周年記念祝賀会開催(帝国ホテル)
1959 昭和34年 10月 下関連絡所開設
1962 昭和37年 9月 中央冷凍株式会社を設立
1963 昭和38年 9月 中央食品商事株式会社設立
1964 昭和39年 9月 東京証券取引所第二部に株式上場
1966 昭和41年 1月 築地ビル(社宅)完成
1968 昭和43年 10月 深川ビル(社宅)完成
12月 豊海冷蔵庫完成
1970 昭和45年 8月 千住ビル(エスパーダ・社宅)完成
1971 昭和46年 3月 豊海ビル(独身寮)完成
7月 農林大臣許可の水産物卸売業者となる
1972 昭和47年 4月 船橋中央魚類株式会社を設立
7月 創立25周年記念祝賀会開催(ホテルオークラ)
1973 昭和48年 10月 豊海第二冷蔵庫完成
1974 昭和49年 2月 全国中央卸売市場水産物卸売業者協会設立
1975 昭和50年 9月 長崎連絡所開設
1976 昭和51年 11月 柏魚市場株式会社を設立
1977 昭和52年 7月 創立30周年記念祝賀会開催(ホテルオークラ)
1979 昭和54年 11月 中央魚類株式会社千葉支社を設置
1980 昭和55年 5月 千葉中央魚類株式会社を設立
1981 昭和56年 5月 中央魚類株式会社千葉支社の営業権を千葉中央魚類株式会社へ譲渡
1982 昭和57年 7月 創立35周年記念祝賀会開催(東京會舘)
1985 昭和60年 4月 築地市場開設50周年
1987 昭和62年 7月 創立40周年記念祝賀会開催(東京會舘)
1989 平成元年 7月 大田市場に株式会社大田合水設立
1990 平成2年 売上高2371億円を達成(1990年度)
1992 平成4年 7月 創立45周年記念祝賀会開催(東京會舘)
1995 平成7年 5月 株式会社大田合水から撤退
1996 平成8年 8月 有限会社マルナカサービス設立
1997 平成9年 7月 創立50周年記念祝賀会開催(東京會舘)
2000 平成12年 4月 徳水冷蔵株式会社を買収
2001 平成13年 7月 徳水冷蔵株式会社が中央冷凍株式会社と合併し解散
11月 中央フーズ株式会社設立
12月 株式交換により船橋中央魚類株式会社を完全子会社化
2007 平成19年 2月 株式交換により中央小揚株式会社を完全子会社化
7月 創立60周年記念祝賀会開催(東京會舘)
2008 平成20年 4月 中央冷凍株式会社と株式会社ホウスイが合併し、新株式会社ホウスイを連結子会社。株式会社水産流通、恵光水産株式会社を連結子会社
8月 株式会社水産流通が中央フーズ株式会社を子会社化
2009 平成21年 8月 オーシャンステージ株式会社設立
2011 平成23年 8月 株式会社ホウスイ・大連しょう子島漁業集団と共同で「㊥大連樟子島中央冷蔵物流有限公司」設立
2012 平成24年 1月 大都魚類株式会社と共同出資で船橋魚市株式会社設立
2月 東京北魚株式会社に出資し同社を持分法適用関連会社化
4月 中央魚類株式会社千住支社廃止、営業権を㊥東京北魚株式会社に譲渡
4月 船橋中央魚類株式会社を解散し、営業権を船橋魚市株式会社に譲渡
2013 平成25年 4月 丸水札幌中央水産・仙台水産と共同で「株式会社TSSマリン」設立
4月 株式会社ホウスイが「株式会社せんにち」を設立、子会社化
6月 株式会社ホウスイが恵光水産株式会社の株式を一部売却
2014 平成26年 2月 大連冷蔵庫(日本式計算で約6万トン)竣工
4月 千葉県市川市の「市川流通・物流センター」稼働
2015 平成27年 5月 東京青果・大田花きと共同で「東京都生鮮物輸出協議会」設立
2016 平成28年 11月 豊洲市場開場が延期
2017 平成29年 7月 創立70周年記念祝賀会開催(帝国ホテル)
12月 豊洲市場開場が2018年10月11日に決まる
2018 平成30年 10月 豊洲市場開場