採用担当者メッセージ

総務部部長 山田 雅之
やまだ まさゆき

中央魚類は1947年に設立され、日本の魚食文化の中心とも言える東京・築地市場の発展とともに成長してきた水産卸会社です。終戦後間もない食糧不足の時、都民に新鮮な魚介類を供給すべく誕生しました。屋号の㊥(マルナカ)は全国の水産関係者に親しまれ、気軽に「マルナカさん」と呼んでいただいています。

市場の中だけで商売をしているのではないかと思われがちですが、お魚や水産加工品は全国津々浦々の漁港、アメリカや東南アジア、欧州からもやってきます。そして、マルナカが取り扱った水産物は、仲卸店に卸されて食堂やレストラン、魚屋さん、寿司屋さんに出回ったり、全国に店舗を構える大手のスーパーやコンビニ、すしチェーン店などで販売されています。ですので、マルナカの仕事は卸売市場の枠を超えて広がってきています。


提供:東京都中央卸売市場

卸売市場は2018年10月に豊洲市場へ移転、新市場への引っ越しでマルナカを取り巻く環境は大きく様変わりします。全国からやってくる水産物を積載したトラックの行き先が豊洲市場になり、豊洲市場から小売店やレストランなどに搬送されていきます。これだけでも、水産物の物流が変化します。築地市場と違った新機能が備わる豊洲市場の場内の物流も新しくなります。

新しい環境の中でマルナカの社員の働き方も変わります。築地市場で築かれてきた「しきたり」も変わっていくでしょう。豊洲市場で変貌を遂げようとしているマルナカにどのような人材が必要か?私が求めるのは、責任感と情熱、そしてバランス感覚を備えた人です。

多くの人と物品が集まるのが市場です。集まった人が様々な仕事を受け持ち、物品を動かさなければ市場は機能しません。仕事を成し遂げるには、異なる分野や違う能力をもつ人、他社の人など多くの人と協力が重要になってきますが、一面的な考え方で勝手な行動を取るような人では他からの協力は得られません。人から信頼されるには、仕事を達成しようとする責任感と情熱が大いに必要でしょう。そして、様々な価値観を理解するバランス感覚も大切です。

一方、マルナカは千葉中央魚類、柏魚市場、ホウスイ、水産流通、中央フーズなど連結会社の親会社であり、マルナカグループを形成しています。冷蔵保管やリテールサポート事業を行うグループ企業とはプロジェクトを通じて協業していますので、今後は、マルナカグループとしての大きな目標に向けて行動できる人材も必要になってきます。プロジェクトを牽引するリーダーシップ、困難な状況を打破する気概、提案力などの資質を持つ人材に魅力を感じます。真面目で明るく、ポジティブな気持ちを備えた方に出会えることが楽しみです。

採用基本情報

募集職種
営業職・事務職
応募資格
営業職/2019年3月に大学・大学院を卒業、修了見込みの方
事務職/2019年3月に短大・専門学校を卒業見込みの方
雇用形態
正社員
提出書類
履歴書 (写真貼付)
卒業 (修了) 見込証明書
学業成績証明書
健康診断書
初任給
207,000円 (基本給) 大学・大学院卒 ※2017年4月実績
179,000円 (基本給) 短大・専門学校卒 ※見込み
昇給
年1回 (6月) 定期昇給
賞与
年2回 基本給の3.30ヶ月 ※2017年実績
諸手当
通勤手当、超過勤務手当、家族手当、住宅手当
勤務時間
1か月単位の変形労働時間
※標準的な勤務時間 4:30~13:00 (部門により異なる)
 事務職は8:30〜17:00
休日休暇
日曜・祝日及び市場の臨時休市日
年末年始 (12月31日~1月4日)
年次有給休暇 (10~20日)
夏季休暇 (4日) 、冬季休暇 (3日)
社会保険
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

よくある質問

Q.卸の仕事と仲卸の仕事の違いはなんですか。
A.いずれも、卸売市場で水産物の卸売業を営んでいます。卸会社は各地の生産地からこれらの荷物を集荷するインプットの仕事、仲卸は卸から買い求めた商品を買出人に販売するアウトプットの仕事を基本としています。また、仲卸のように市場内に店舗は持たず、卸から直接商品を買い受けることのできる売買参加者という仕事もあります。
Q.朝は早いのでしょうか。
A.卸会社の仕事の中心であるセリ販売は、開始時間が水産物の種類などによってきめられており、セリの準備のために、午前2時ごろ仕事に掛かる社員もいます。市場では様々な水産物の取引が行われおり、いずれも深夜から午前にかけて仕事が続きます。
Q.独身寮などはありますか。
A.当社には独身寮2か所、家族寮4か所を所有しております。新入社員は早朝勤務をしてもらうので、独身寮に住んでもらいます。
Q.水産の知識、経験は必要ですか。
A.水産物のにおいが嫌いと言う方は仕事に向いていません。社員の中には、魚の名前はアジ、イカ、イワシくらいしか知らないで入社した者もいます。最近、応募者してきた方は「市場で働いてみたい」「セリ人に憧れて」「市場で働く知人に勧められた」・・・etc。

会社概要

会社名
中央魚類株式会社
本社所在地
東京都中央区築地5-2-1
設立
1947年(昭和22年) 7月1日
事業目的
水産物卸売
資本金
29億9,500万円
主要株主
日本水産株式会社、株式会社足利本店、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社極洋、東洋水産株式会社、三井住友信託銀行株式会社
売上
(単体) 1,119億円 (連結) 1,989億円 (2016年3月期)
グループ会社
柏魚市場株式会社、千葉中央魚類株式会社、株式会社ホウスイ、株式会社水産流通、中央フーズ株式会社、株式会社せんにち、中央小揚株式会社
関連会社
東京北魚株式会社、船橋魚市株式会社、オーシャンステージ株式会社
従業員
190名 (2016年3月期)

会社案内パンフレットのPDFデータをダウンロードいただけます。

PDFをダウンロードする

エントリー

下記のアドレスまでメールでご応募ください。
お送りいただいたデータは選考終了後に当社にて責任を持って破棄致します。

中央魚類株式会社 総務部
採用担当 総務部部長 山田雅之
         
saiyou@marunaka-net.co.jp